HONEY HOUSE ハニーハウス~美しいデザインと空気質改善でつづる空間~

安心して住める住宅と心を豊かにしてくれるエレガントでセンスのある暮らし…妥協して暮らす空間と決別して新しい人生を踏み出すお手伝い

〒060-0013

札幌市中央区北13条西16丁目1-19

 

建築デザイナー     土岐敏央

ハウスコンシェルジュ 土岐ゆう子

TEL 011-707-0329

FAX 011-707-9823

mail honeyhouse@watch.ocn.ne.jp

英国的アジアンリゾートスタイルへ

お客様の悩みは多すぎる設備関係の出っ張りや雑然と整理が出来ないユーティリティ。

 

床からの冷気も寒く、冬の入浴タイムは凍えて風邪をひきそうになりながら。

 

これを解決しながらクラシカルかつアジアリゾートにも憧れを。

夢と希望、現実との狭間でどうしてよいか分からないところからのスタート。

工事が始り、まず手掛けたのは遮熱システムの施工。部屋を丸ごと魔法瓶のようにすっぽりと包みこむことで室内の熱を逃さず、床からの冷気をシャットアウト、そして夏の輻射熱も外から入れないように。

 

 

遮熱システムは普通の断熱材を入れるより手間と工夫が掛かりますが、何よりその費用対効果がバツグンです。

 

 

完成した洗面室とトイレ。別室だったトイレとUTを一室につなげ、長くなった室内の特性を生かしトイレ奥の壁を印象的に。

 

 

オリジナルで設計・デザインしたウォール・クローゼットで収納をすっきりと。

採光を取りながら窓も目立たなくすることで室内の一体感も演出。

 

 

ブラケット照明をアクセントに使用。

 

 

ガラスタイルを背景に間接照明入りの鏡を制作。

横の収納鏡によって雑然としていた洗面周りがすっきりとしました。

 

洗面器の高さをお客様の動きやすい高さに合わせて注文。コンパクトな室内の動線を動きやすいイメージでデザインしました。

 

 

 

目立っていたライニング(設備配管を入れる腰壁)を逆手にとって目立たないようにアクセントを付けて、腰下の湿気が多くカビやすい部分に珪藻土入りのタイルを施工。水がはねても吸収してくれる優れモノです。基本的に設備は変えてないものの、配管の取り回しをやり直してスッキリとさせ、壁の棚によって目立たないようにデザイン。電気を使わない100%自然エネルギーで換気してくれる換気口を取り付けました。

 

英国の影響を受けたアジアンリゾートの雰囲気をイメージしてデザインしました。