HONEY HOUSE ハニーハウス~美しいデザインと空気質改善でつづる空間~

安心して住める住宅と心を豊かにしてくれるエレガントでセンスのある暮らし…妥協して暮らす空間と決別して新しい人生を踏み出すお手伝い

〒060-0013

札幌市中央区北13条西16丁目1-19

 

建築デザイナー     土岐敏央

ハウスコンシェルジュ 土岐ゆう子

TEL 011-707-0329

FAX 011-707-9823

mail honeyhouse@watch.ocn.ne.jp

煌びやかな和の世界を表現

新築から7年目のリノヴェーション。

 

もともと自然素材ばかりで造った住宅でしたが、生活環境の変化から1,2階ともに大改装。

 

リヴィングルームを和の風情を持たせた煌びやかなアクセントでデザインすると。

リヴィングルーム中心に鎮座するアップライトピアノをメインに考え、腰壁をはずしてウィリアム・モリスの『Blackthorn』をコーディネイト。1892年の作品ですがモリスの弟子のジョン・ヘンリー・ダールによる作品と言われていますが、どうやらモリスとダールの共作のようです。

 

 

クローゼットの入り口の障子を行燈に見立ててコーディネイトしました。この『ブラックトーン』はバロックのデザインパターンを取り入れていますが、それまでモリス商会の壁紙のパターンは副題の草花がベースにあり、その上に主題の草花、小動物がデザインされて3Dのような奥行感が生命力を醸し出していました。

ですがモリス自身にとっての後期の作品は平面の上で躍動感を表現した作品が多く、宇宙的な広がり感を感じさせる素晴らしい作品があります。この『ブラックトーン』もバロックの手法を用いていながら、どこか日本的でもあり、こうして和のデザインパターンにて表現することで絶妙な空間を創りだすことが出来ます。